自宅を建てた際、絶対にはずせない設備として、ウォークインクローゼットを取り付けました。歩き回れるような広い収納スペースが憧れだったこともありますが、部屋数を増やすために、洋室ばかりの家になったため、各部屋の収納は小さなクローゼットや物入れ程度で、押し入れを作ることができなかったという事情もあります。
ウォークインクローゼットには、収納するものを想定して造り付けの棚も設置しました。が、使い始めてみると、予定通りにはいかず、収納するものも増えていき、造り付けの棚をふさぐような恰好になっていきました。一度片付けると、取り出すのが大変になってきたのです。
さらに、クローゼットとして快適に使用するためには、着替えができるだけのスペースと、姿見も必要になってきますが、そこまでできる広さはありません。結局、広めの物置のような使い途になってしまいました。
ウォークインクローゼットを有効に活用するには、計画性はもちろん、不要な物を仕舞い込まない習慣が必要だと感じています。