木造住宅というのは、日本で最も多い戸建ての建築物になります。日本の住宅の大部分を占めるといっても過言ではないでしょう。新築でも中古でもそれは同じになります。これは要するに木材でできている、ということになりますが、実はかなり耐震性も高く、木ではありますが燃えにくいようになっていますから、心配無用になります。そもそも鉄筋コンクリート製の一戸建ても最近では増えていますし、それはそれで素晴らしいことではあるのですが、リフォームに関することから見ればそんなにお勧めできるものではないです。リフォームなどをして住宅を広くしたりするとか内装を根本的に変えるなどといった行為が鉄筋コンクリート製になりますとどうしても難しいことになります。そうしたことも踏まえて考えるのであれば基本的には木造建築の戸建てのほうが何かと安心できることが多い、ということは確かにある部分となっています。もちろん、鉄筋コンクリート製にもメリットはあります。