ベランダの防水加工について

私は、大きなベランダにあこがれて、注文住宅で家を建てるときベランダを大きくしてもらい、他のお家よりも大きいベランダで、布団を沢山干したり、犬と遊んだりと、とても楽しくベランダを使っていました。

ですが、数十年住み始めていると、大きなベランダを失敗したと感じるようになりました。
どうしてかというと、ベランダを大きくしたということは、それだけ、防水加工をしなおす場所を増えるということになります。

防水加工をしなおさないと、ひび割れが発生したり、下の階に雨漏りをさせてしまったりします。
家の補修代が結構かかることになりました。

便利さだけを考えて家を建ててもらったのですが、長く住み続けていると、それを維持するために維持費がかかります。
このことをあまり考えていませんでした。

ベランダが大きいことはとても便利ではありますが、その分、補修代がかかることも考えて、しっかりと蓄えを持っておかないといけないなと思い、少し後悔をしてしまっています。